昔ながらのハンドクリーム「ユースキンA」の力

40歳の専業主婦です。水仕事が多いので、手の乾燥がとても気になっていました。
ふと手を出した時に、自分の手のガサガサに恥ずかしくなってしまう事もよくありました。

ハンドクリームの定番ユースキンA。ドラッグストアで購入

何か良いハンドクリームがないかなと思っていたところ、このハンドクリームをドラッグストアで見つけました。
それが、「ユースキンA」です。

「ユースキンA」は、昔から見た事があったのですが、使った事はありませんでした。
でも、最近、昔からの商品が実は効果があるというパターンが多かったので(例えば、ニベアの青缶)、
「ユースキンA」を購入してみました。

どこのドラッグストアにもたいてい置いてあります。
そして、冬のハンドクリームコーナーでは、しっかりと真ん中に陣取っていました。
一押し商品のようです。
近所のドラッグストアで、この冬、私が購入しました。

見た目は、「ユースキン」の代名詞とも言えるオレンジ色のボトルです。
おしゃれ感が全くないのが、逆に効果がありそうに思わせます。

ボトルタイプとチューブタイプがあり、たっぷり使えるボトルタイプを選びました。
チューブタイプは、小さめなので持ち歩きように便利そうです。

そして、さっそく、「ユースキンA」を使い始めました。
朝、晩、そして水仕事の後など、気になる時に手にしっかりとすりこむように塗っていました。
色は、ボトルと同じ黄色です。 ハンドクリームとしては、珍しい感じの色で、薬品イメージが強いです。
テクスチャーは、少し固めなので、しみ込んでいくと言うよりは、 自分で、すりこみながら、浸透させていく感じです。
香りは、やはり薬的な感じです。
でも、これが、また保湿力ありそうな感じがして、私は逆に好印象でした。

つけた直後は、べたつきがあるのですが、しばらくすると、すごくしっとりします。
このべたつきがなくなるとパーフェクトですが…。
夜つけて寝ると、翌日は本当に潤っていて、まさに肌の色が一段明るくなったという感じです。
今まで使っていたハンドクリームと比べると、保湿力が断トツです。

いろんなところで販売されている、コスパがいいことが決め手

このハンドクリームは、どこでも手軽に入り、すごく効果があるのでおすすめです。
特に、値段も安く、コストパフォーマンスが良いところがおすすめのポイントです。
安いので、たっぷりと、頻繁に使う事が出来ます。

そして、自分だけではなく、家族みんなで使う事が出来ます。
私の夫と子供は軽いアトピーで、肌の乾燥に悩まされているのですが、
「ユースキンA」には、だいぶお世話になっています。

これを塗っていると、かゆみも抑える事ができ、肌も落ち着くと言う事です。
このクリームは、刺激も少ないようなので、肌の弱い人も安心して使う事ができます。

また、「ユースキンA」は、手だけではなく全身にも使えると言う事でした。
そこで、足の角質が気になっていたので、かかとに塗って寝てみたところ、

翌朝は、しっとりとしてスベスベのかかとになっていました。
それ以外にも、顔パックとして使ったりする事もできるようです。
後から知った事なのですが、「ユースキンA」は、とても人気があり、
色々な使い方をネットで紹介していました。
やはり、ニベアの青缶のような存在のようです。

私は、乾燥がすごく気になる時には、「ユースキンA」を塗った後に、手袋をして寝ています。
すると、効果がアップして、エステ級のしっとり感が出ます。
人それぞれに、工夫をして使う事ができるようです。

おしゃれ感もなく、良い香りもしませんが、素朴でかなり保湿効果が高いので、
かなりおすすめのハンドクリームです。
この素朴さがクセになります。

昔から続いているロングセラー商品、続いているのにはやはり理由があります。
ぜひ、一度、使ってみると良さがわかると思います。