来年も購入したい、満足感があったハンドクリーム

52歳の主婦です。冬になると手の荒れが気になり、毎年ハンドクリーム選びに余念がありません。

あかぎれするほど荒れた手にあうハンドクリームが見つかった

冬はお湯を使って家事をするためか、手が荒れやすく必ずパックリ割れるアカギレに悩むのです。痛いため、バンドエイドが手放せない状態になります。

今までに様々なハンドクリームを試しましたが、やはり値段が高いものが効果がある感じがします。しかし量が少ない傾向があり、たっぷり使いたい私にとっては使い辛いと感じています。

そのため、コストパフォーマンスの高いハンドクリームがないかと、毎年色々変えて使っているのです。

しかし今回、また来年も購入したいと思えるお気に入りのハンドクリームに出会えましたので、ご紹介したいと思います。

今年の冬に選んだのは、ロート製薬のハンドベールビューティープレミアムリッチモイストです。

スーパーに買い物に行った際に、隣接するヤマダ電機の生活用品コーナーで見つけました。色々なハンドクリームのテスターを実際に私の手で試して、一番気になる製品でした。すぐに購入した訳ではなく一度自宅に帰り、ネットでハンドクリームの評判や値段などを確認し、納得できたので再度お店に行って購入したのです。

このハンドクリームは新発売の商品で、まだ評判などは出ていませんでしたが、その時点で私が見たショッピングサイトでは売り上げランキングの上位に上がっていました。この会社のハンドクリームはなかなか評判が良いのです。

この製品は手肌の荒れにも対応したタイプで、高過ぎず安過ぎない、ほどよい価格で量も多めです。コストパフォーマンスの面でも期待できる製品と言えます。自分でテスターを試した際にも、満足感が感じられたのです。

特に気に入った点は、かなりコッテリしたテクスチャーで多少のべた付き感はありましたが、これくらいの使い心地でないと手荒れには効かないのです。また、粒々のカプセルが入っており、手をマッサージするようになじませると言う使い方にも期待が持てました。

このタイプのハンドクリームは、他の製品にも多く、以前使った際に良い感じがしました。この2点に期待が持て、さらにお手頃価格であったため、購入することにしたのです。

値段もピンキリのハンドクリーム。実際に試してみるのが一番

ハンドクリームは、やはり実際に試して買うのが一番です。全ての製品においてテスターが置いてある訳ではないため、その点は残念ですが、私の場合はネットの評判も参考に、必ず実際に試して選ぶようにしています。

このハンドクリームは、家事が全て終了した際と寝る前に使用しており、一日に4回は使用します。家事の後に使う際は、少な目の量を良く伸ばして使います。少しベタつき感がありますから、気になる指を中心に、その他は馴染ませる程度です。しかし就寝時は、寝ている間に肌荒れを修復してくれることを期待して、たっぷり使います。

実際に使った感想は、かなり満足しています。テスターでお試し済みでしたが、やはりコッテリしたテクスチャーがポイントに感じます。コッテリしていても伸びはよく、マッサージしやすい使い心地です。

かなり手が潤いますし、持続感もあります。香りもよく、使って嬉しくなる感覚があります。そして何より嬉しいのが、手荒れの頻度がかなり減った点です。

今年の冬はアカギレになったのは一回のみです。こんなことは初めてで、ひとえに就寝前のこのクリームの大量使用が効果を発揮しているように感じます。効果には個人差があると思いますが、私には効果がある良い製品に感じます。

もし友人で手の肌荒れに悩んでいる人がいたら、おすすめしたいと感じます。効果が期待できる点とコストパフォーマンスが良い点がおすすめポイントです。このクリームの場合、何か作業する際はベタベタ感が気になるかもしれません。そのため日中は、サラッとしたタイプのハンドクリームにして、夜や作業しない時にはこのクリームを使うと言うのもおすすめの使い方に思います。